ラ・フェラーリ売り切れ

日本には何台来るんでしょうね?商売としては、こういうところを目指すのが最も良い様な気もします。買いたいけれど買えない人がいるという状態ですね。この次に新車を出した時には、必ず買ってくれる潜在的な需要を掘り起こせそうですね。実際に良いのか悪いのかは知りませんけど、この車の中古車としての価値は約束されたも同然ですからね。

人気があってもたくさん売りすぎる車は、何年か乗ると市場に余りすぎていてものすごく安くなってしまったりしますから、このへんも考えてうるまを購入したいものです。

1: はだしのコラーゲン(130401)φ ★:2013/03/11(月) 13:40:17.05 ID:

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリが3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13で
初公開した『ラ・フェラーリ』。同車が早くも、入手困難な状況になっていることが分かった。

これは3月8日、フェラーリが明らかにしたもの。
同社はラ・フェラーリに関して、「購入希望者は、すでに限定生産台数499台の2倍以上に達した」と公表している。

ラ・フェラーリはフェラーリ初の市販ハイブリッド車。『F12ベルリネッタ』用の6262cc V型12気筒ガソリンエンジンは、
最大出力が800psまで引き上げられ、9250rpmという高回転まで回る。
これにフェラーリのハイブリッドシステム、「HY-KERS」から、モーターの最大出力163psが加わる。
システム全体で963psという圧倒的パワーを引き出す。

このHY-KERSが、排出ガスを低減すると同時に、パフォーマンスを向上。フェラーリによると、ラ・フェラーリは
『エンツォ』比で 0-200km/h 加速タイムを約1割短縮。排出ガス性能はおよそ40%も低減させているという。
0‐100km/h加速は3秒以下、最高速は350km/hと世界屈指のパフォーマンスを実現する

今回のフェラーリの発表によると、ラ・フェラーリはワールドプレミアからわずか3日で、499台の生産枠に対して、
全世界から1000名以上の購入希望者が殺到した計算。ラ・フェラーリの価格は、日本円でおよそ1億6000万円と
伝えられるだけに、スーパーカービジネスは健在のようだ。

レスポンス(Response.jp)  3月11日(月)7時31分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130311-00000003-rps-ind


7: 名前をあたえないでください:2013/03/11(月) 13:47:48.09 ID:

1億6000万円

・・人生むなしいなまともじゃ買えないこの金額・・
ぱちんこ成金、オイル富豪か中共幹部華僑・・


11: 名前をあたえないでください:2013/03/11(月) 13:53:23.88 ID:

>>6

フェラーリはキリのいい数字より1台少なく生産するのが習わしらしい
理由は忘れた


12: 名前をあたえないでください:2013/03/11(月) 13:55:09.04 ID:

>>6

500台作って、1台は自社で保管とか・・??


16: 名前をあたえないでください:2013/03/11(月) 14:13:10.75 ID:

俺も問い合わせたらもう予約いっぱいって言われちゃったよー、残念だわー、買おうと思ったのにー、残念だわー

19: 名前をあたえないでください:2013/03/11(月) 14:47:24.61 ID:

中国って、タイヤがドロドロに汚れた高級車が行き交う国

元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1362976817

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る