破綻相次ぐ米電気自動車

電気自動車に将来はありません。こんなものを作ること自体どうかしていると思います。そんなものに補助金を出すのもどうかしています。だいたい、補助金をもらってまともな事業を継続している企業なんてインチキみたいなものではないでしょうか?

1:2013/06/14(金) 08:01:12.30 ID:

CO2(二酸化炭素)排出量を大幅に減らせると注目を集めた電気自動車だが、ここへきて倒産が相次ぐ。多くはオバマ米政権が、多額の補助金を提供してきたベンチャー企業だ。だが、クルマのCO2排出削減という点では、長期的にはEVへの期待は今後も変わらない。

2013年5月は、EV(電気自動車)業界にとって明るくない1カ月となった。

■鳴り物入りで設立したEV企業が倒産

まず、米国のEVメーカー、コーダ・オートモーティブが5月1日、倒産した。5月26日には、EV用の電池を丸ごと交換するという斬新なシステムの普及を目指して注目を集めてきたベタープレイスが、実質的な事業の展開先だったイスラエルで会社を清算する手続きを申請した。同社は2007年、この事業を立ち上げるため、10億ドル(約1000億円)近くを調達した。

米政府から電池産業支援の補助金を受けた米EVメーカーのフィスカー・オートモーティブも、倒産の崖っぷちにいる。フィスカーは、同社に電池を供給していた米電池メーカー、A123システムズが昨年破綻して以来、自動車を生産していない(A123システムズも、米政府から補助金を受けていた)。

一方、米クライスラーを子会社化したイタリアのフィアットの最高経営責任者(CEO)、セルジオ・マルキオーネ氏はこのほど、同社のEV「フィアット500e」を1台売るごとに1万ドル(約100万円)の損失が出ると発言した。

500eの価格は3万2000ドル(約320万円)で、同じモデルのガソリン車に比べ2倍する。それでもフィアットはEVの販売に努めなければならない。米カリフォルニア州では、自動車メーカーは各社とも、同州における販売台数に応じて、ゼロ排気車(ZEV)を一定量、販売することが義務づけられているからだ。

明るいニュースもある。カリフォルニア州に本社を構え、EVのスポーツカーを販売するテスラ・モーターズは2013年1~3月期決算で、2003年の会社設立以来、初めて黒字を計上、政府から借り入れた4億5200万ドル(約452億円)を予定より早く返済した。

だが全体としては、EVは苦戦していると言わざるを得ない。電池だけ搭載しているタイプでも、電池と電池が切れた場合のバックアップとしてエンジンも搭載しているタイプであっても状況は厳しい。国から補助金が出ても価格が高いうえ、電池だけで走行するタイプは走行距離も限られるからだ。

■バイオ燃料で性能向上するガソリン車

ただ、一連の倒産で、EVに将来がないかと言えば、そうでもない。

ベタープレイスの倒産は、経営のまずさが主な原因だったと思われる。同社は2009年に仏ルノーと提携し、2016年までにバッテリー交換式EVを10万台販売する計画を立てたが、実際に売れたのはわずか1300台。ベタープレイスは対応車両を生産するほかの自動車メーカーを見つけられず、同社の交換式電池を既に利用しているユーザーに十分な利便性を提供することができなかった。

排ガス規制の強化に伴い、すべてのクルマの環境性能が高まっていることも、EVには逆風と
なっている。(※続く)

●参考/好調なテスラ(上)、倒産崖っぷちのフィスカー(中)、倒産したコーダ(下)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1201N_S3A610C1000000/?dg=1

5:2013/06/14(金) 08:07:26.13 ID:

全てとは言わないが、EVは空気、汚さないからな。
9:2013/06/14(金) 08:17:21.31 ID:

発電ばかりに目が行くが、蓄電も重要だよな

発電量自体はもう十分という話もあるし
要は送電や蓄電のロスが無ければ・・・

17:2013/06/14(金) 08:31:44.54 ID:

>>9

蓄電なんか重要じゃないんだが
本文にもあるとおり、住宅の断熱性の向上が一番効く

22:2013/06/14(金) 08:40:30.41 ID:

EVは怖すぎる、システムが複雑だから止まった時に怖い
ハイブリッドって一番優れてると思うんだけどね
なんやかんやで燃料を使えるというのは安心だわ
26:2013/06/14(金) 08:46:57.14 ID:

ホンモノの魅力的なEVを作っているのは、日産のEVでもなく、テスラ社
29:2013/06/14(金) 08:58:38.79 ID:

>>26

乗用車と趣味の車を比較されても‥‥‥‥

34:2013/06/14(金) 09:11:08.03 ID:

日本の場合、地方税収が減る
EVはガソリン税、軽油税が取れなくなるから
技術的な面より、こっちのほうの改革のほうが面倒かも
35:2013/06/14(金) 09:11:24.65 ID:

>>22

そうか?
EVなんて構造はものすごくシンプルだぞ
性能もほとんどバッテリーで決まるし
暴走もほとんどバッテリー
バッテリーが全てな車

37:2013/06/14(金) 09:13:46.48 ID:

>>35

それは幻想
車両制御や衝突安全をクリアするのは高い技術がいるし
それを量産するとなるとポッと出のベンチャーには無理

部品メーカーとしてならチャンスはあるだろうけどね

40:2013/06/14(金) 09:24:54.00 ID:

>>35

インホイールモーターなんてすごく恐ろしいけどな。
どの様に4つのモーターを同期させてるんだろう?
あと、モーター故障=即事故じゃね?

41:2013/06/14(金) 10:22:42.26 ID:

>>5

発電所はどうやって発電してるんですか。
火力、水力、原子力、風力、太陽光で発電→送電(損出)→充電(損出)。

EVは原発が二酸化炭素を排出しないと言っているレベル。エネルギーの無駄。

43:2013/06/14(金) 11:10:25.94 ID:

>>41

道路わきの民家や、歩行者自転車のことも考えろや
二酸化炭素にこだわるあたり、お脳が知れる。

EVが普及すれば、エアコンの運転時間が減り、自動車交通の総量も減るとなぜ考えられない?

44:2013/06/14(金) 11:21:53.32 ID:

 
EVが「一番成功しそうな国」が日本。

一般的な走行距離やインフラの整備状況からして、

短距離の利用客が多く、コンビニなどにスタンドを設置するのが容易だからだ。

だが―
その日本ですらあまり普及してない現実。それ程に難しいのだ。

なのに広いアメリカじゃEVなんて自殺行為でしょ。
町と町の間で電気切れたらどーすんだと。

45:2013/06/14(金) 11:24:29.24 ID:

>>40

インホイールモーターのは可能性はすごいぞ。

何せ回転数をタイヤごとに可変させれば、ガソリン車じゃできない半径円で車が曲がる。

また車輪をキャスターみたいに稼動するようにすれば、縦列駐車も真横に動いてできる。

46:2013/06/14(金) 11:50:30.43 ID:

>>44

実際の使用形態で言えばそうなんだが
それだとバッテリー搭載量なんて100kmも走れる分で充分
急速充電施設も不要
ただ、そんな車は業務用以外では普及しないのよ

結局その他にエンジンを積んだレンジエクステンダーか プラグインHVみたいなのが現実的

原発とかCO2とか無関係に利便性の時点で乗用EVは幻想

EV普及を目指すなら短距離近距離の配送・配達・送迎なんかに補助金付ければいい
事業者なら200Vとか400Vの電源用意するのも簡単だし

55:2013/06/14(金) 13:04:09.16 ID:

>>17

日本も外断熱を標準化すればだいぶエネルギー節約になるのにね。
大手住宅が技術で負けるのと少しでも安い値付けしたいがために
ちっとも普及しない

56:2013/06/14(金) 13:11:26.48 ID:

>>34

つ電気使用量課税

60:2013/06/14(金) 19:32:38.73 ID:

むしろ車より先に、二輪を電動mustにしろよ。

騒音酷いし、坂道の排気は物凄く臭いし、外国産ばかりで国内雇用に全く役に立ってないし。

61:2013/06/14(金) 19:34:25.57 ID:

>>60

チンケなことを言わないで大型二輪にすればいいんだよ。
開けなくても楽に発進できるからかえって静かだし、国産比率高いしw

元スレ:http://www.anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1371164472/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る